投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

F-04Dの話

2月に機種変して以来、5ヶ月使っているdocomo F-04D。

このブログでもレビューを書いていますが、「F-04D レビュー」や「F-04D 電池」なんて検索ワードで見に来られる方が結構います。

…ってか、他の記事より明らかにPV多いです(笑)
使い始めた頃はそれほど起きなかったプチフリーズも使用期間を追う毎に順調に増え、週一回の端末リフレッシュを土曜の早朝にしても、土曜の昼には早速フリーズしてみたり…と、日に日に残念感のつのる端末です…orz


現状、一番腑に落ちないのが、端末動作に一貫性が無いこと。

購入当初、リフレッシュや電源OFF/ONの後にスケジュールやメモを開こうとすると、「iコンシェル契約情報取得中」と表示され、網にiコンシェルの契約状態を取得する動作が起こっていました。
契約情報なんて、SIMに保持すりゃ良さそうなモノなのに、なんでいちいち確認しに行くのか…と疑問に思い、docomoにメールで問い合わせたところ、「仕様です。動作を解除することは出来ません。」と返答が来てガッカリしたのが5月末頃のお話。

ところが6月頃から、該当の操作をしても「iコンシェル契約情報取得中」の表示が出なくなったのです。
これって、メモリ上に情報が残っている = リフレッシュできていない…? ⇒ プチフリが多くなったのもその所為かも…??
なんて疑念が湧いてきたので、docomoに今度は電話で問い合わせ。

すると…”「iコンシェル契約情報取得中」が出たのは偶々。表示が出ない時もあります”と言う回答が!
一体全体、どんなソフトウェアが載ってるんだよ、おいwww


その他、通勤途中に大宮で電車に乗る前に電池容量80%台 → 途中ずっとポケットの中 → 上野に着いたらいきなり電池容量72~3%に激減なんて事も。
画面閉じてるのに、液晶点きっぱなしとか起きてないか、コレ?


そんなこんなで色々不満の多いこの機種。
docomoが冬モデルで少しはまともなガラケーを出すのと、willcomへNMP出来るようになるのとじゃ、どっちが期待できるかなぁ…なんて思う今日この頃です。

デジタル一眼レフを買いました。

イメージ
富士フイルムがネオパンSSの生産終了を発表した日、 デジタル一眼レフを購入しました。

選んだのはCanon EOS 7DEF-S18-200mm F3.5-5.6 ISの組み合わせ(どちらもカメラのキタムラにて中古で購入)。

これまで、頑なに(?)フィルム一眼レフを愛用して来ましたが、9月に新婚旅行としてF1シンガポールGPの観戦に行く事もあり、一念発起しました。

ボディを選ぶ際にはEOS 60Dと最後まで悩んだのですが、決め手は7Dの連写性能・測距性能。
EOS55の次モデルがEOS7だったのも影響しているかも(!?)

レンズも初めはEF70-200mm F4L ISに惹かれたものの、明らかに予算オーバー…
その後、TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD Model B008に決めかけるも、店頭にあったEF-S18-200mmとの組み合わせが価格がちょうど予算に収まると言うことでコチラに決定しました。

高倍率ズームだと言うことでレビューを見ると画質がアレコレ言われていますが、作品作りのためではなく、旅行先でのスナップ撮影なら十分だと思いますし。

さて、9月下旬までに色々撮影して、手に馴染ませないと!


今回買ったカメラで撮ったEOS55 + EF50mm F1.8II。 やっぱり、EOS55のスタイルは好きだなぁ