ベランダ天体観測で火星を撮影

火星の接近とさそり座、土星
Canon EOS7D +  TAMRON SP AF28-75mm F/2.8(56mm[35mm換算90mm相当],F2.8)
ISO400 固定1秒×10枚合成を切り出し
画像補正(Adobe PhotoshopCS2)

 5/31に地球に最接近となった火星を、ベランダ天体観測で撮影しました。そう、ニュースなどで「スーパーマーズ」なんて呼ばれているヤツですね。ということで、超簡単更新。

 天文ファンとしては、「スーパーマーズ」なんて耳慣れない言葉に戸惑うばかりですが、火星とさそり座の一等星アンタレス、さらに東側に見える土星との共演を仕事帰りの南の空に見るのが楽しいこのところです。

 撮影は隣の部屋で寝ている息子を起こさないように、あまり撮影条件を吟味することなくササッとやったので、火星が露出オーバーになってしまい、せっかくの赤色が飛んでしまいました…

 再来年の7/31は今回以上の大接近となります。その時はもっとうまく撮影できるように準備することにしましょう。




コメント

このブログの人気の投稿

我らホーム 15 ~建方工事~

年の瀬家電修理工房